■基礎演習(基礎ゼミ)の目的
 
 「基礎演習(基礎ゼミ)」は、1回生を対象にした半期のゼミです。このゼミの目的は、近畿大学を新入生諸君に紹介すると同時に、今後大学生活のなかで学習を進めていくうえで求められる意識転換と、具体的に求められる学習上の技術を身に着けてもらうことです。

 教員によって多少差があるでしょうが、私の場合は次のようなことを意識してゼミを進めて行きたいと考えています。
1.高校生から大学生への意識転換
2.大学における学びの特徴
3.
何のために法律学や政治学を学ぶのか
4.法学部で学ぶためにはどんな能力が求められるのか


■基礎演習(基礎ゼミ)の内容
 
 基礎ゼミでは、まずはじめに大学のさまざまな施設を紹介して、その後図書館の使い方や文献検索の仕方を教えます。それが終わったら、適当な本をテキストにするか、各自新聞記事を選ぶなどして、日本や世界に存在するさまざまな問題を題材にグループごとに「レジュメ」(報告資料)に沿って発表してもらいます。簡単なディスカッションも取り入れます。そして、それらの成果を各自「レポート」にまとめてもらいます。その際には、私からテーマのしぼり方や章立ての仕方などについて適宜指導します。

 基礎ゼミでは、脳死、死刑制度、夫婦別姓のような現在日本で問題になっているさまざまなことがらについて賛成・反対の立場からグループごとに発表してディスカッションをしてもらい、それを受けて各自レポートにまとめてもらいます。また、法律用語やそれらの使い方を覚えてもらうとともに、試験の答案の書き方や、論点の見つけ方などについて練習する機会も設けています。また、裁判の傍聴のような課外活動も積極的に取り入れています。

 さらに、卒業後のキャリア形成に資するため、「マイキャンパスプラン」を使った個別指導をおこないます。それぞれの思い描く、漠然とした夢、あるいは確固たる進路をできるだけ具体的な目標としてとらえられるように、助言ないし指導するつもりです。

 基礎ゼミは友人を作るよい機会です。学生自らボーリングなどさまざまな課外活動を企画して交流の場をもつこともお勧めです。


■最後に
 
 ゼミという形式自体皆さんには経験がないことですし、大学の講義も高校までの授業とはだいぶ異なりますから、始めはとまどいを覚えるかもしれません。でも、とにかく遅刻をせず、ましてや欠席などせずに、大学に来ることです。そうすれば少しずつゼミや講義にも慣れてくるでしょう。特に講義については、わけが分からなくても、とにかく分かる部分だけでも頑張ってノートをとってください。自分でいろいろ調べても分からなかったときには、講義のあとに先生のところへ行って質問をしてください。きっと丁寧に教えてくれると思います。
 
 基礎ゼミや講義や語学のクラス、サークル活動などで友人にめぐり合えば、大学生活はさらに充実したものになることでしょう。
 
 でも、いくら仲がよくても授業中の私語は「厳禁」です!


Last updated on Apr.14, 2011