木曜2限、4限(2011年度後期)

参考文献

■国際法A(総論)では何を学ぶのか

 国際法Aでは、前期に開講される「国際法入門」のうち、総論的な部分をさらに詳しく学修していきます。最終的には、国際法B(各論)、国際法C(紛争解決)、アドバンスト国際法などの科目を履修するうえで不可欠な知識や考え方を身につけてもらいます。さらに講義においては、国際組織法、国際人権法(本年度不開講)、国際環境法などの内容にも触れるつもりです。
 国際法Aでは主に以下のような内容を扱います。

 なお、国際法Aでは履修者の論述力の訓練を兼ねた小テストを一回実施する予定です。

 ※講義計画の詳細については、「法学部講義要項(平成22年度)」または近畿大学のサイトに掲載しているシラバスを参照してください。

■学修の進め方

 あらかじめレジュメを配布しますので教科書や参考文献とともに予習・復習に役立ててください。さまざまな用語や概念、判例、理論が登場しますので講義中は主体的に参加することが大切です。レジュメに頼りすぎると試験前に慌てることになるでしょう。疑問点があれば質問に来るなどして早めに解決してください。



 Last updated on Apr.14, 2011