国際法ゼミ5期生(2010年度)役職

ゼミ長     田中

副ゼミ長    檜垣、越後

書記      佐々木、川村

総務      中野(良)、星加

会計      小林、中野(祐)

記録      菖蒲谷、福本、國末

名簿・通信   植田、佐古

卒論編集   植田(一)、櫻井

旅行・合宿   近藤、梅本、武川

飲み会     辻、永田、村中

学祭      松本、中野(良)、星加


報告内容・日程

<個別報告>

11月9日 
 近藤 (ピノチェト事件)
 福本 (在日外国人無年金事件)


11月16日 
 櫻井 (尖閣諸島問題)
 中野(祐)(世界遺産条約)


11月30日 
 永田 (国際法における環境権)
 植田(寿)(北方領土問題)


12月7日 
 越後 (排他的経済水域)
 田中 (航空法)

12月14日 
 村中 (北海大陸棚事件)

12月21日 [学部パンフレット写真撮影]
 植田(一) (国連平和維持活動)
 檜垣 (二風谷ダム事件)

1月11日 
 佐々木 (国連改革−安保理の機能麻痺から考える−)
 辻 (宇宙損害責任条約の意義とその役割)

■1月14日(金)
 合同ゼミ開催(土屋・林・西谷ゼミ)

1月18日 
 中野(良) (核廃絶へ向けて−核不拡散条約からのアプローチ)
 佐古 (国際人権法について−貧困のない世界)

2011年4月〜5月
@国末 松本
A小林 星加
B梅本 菖蒲谷
C武川 川村



<判例研究>

4月27日 コンゴ領域武力活動事件 (櫻井、梅本、福本)

5月11日 核兵器使用合法性事件  (植田(一)、植田(寿)、中野(祐))

5月18日 みなみまぐろ事件      (武川、檜垣、村中、國末)

5月25日 ベルナドッテ伯殺害事件  (中野(良)、松本、小林)

6月1日  トレイル溶鉱所事件    (田中、永田、佐古) [オープンゼミ]

6月8日  パレスチナ壁建設事件   (星加、佐々木、菖蒲谷、川村)  [オープンゼミ]

6月15日 ジェノサイド条約適用事件 (、近藤、越後)

※下線は代表者

<時事問題研究>

7月6日 死刑問題 (田中、檜垣、植田、國末)

7月13日 シーシェパード問題 (星加、中野、川村、佐古)

7月20日 ウイグル自治区問題 (辻、中野、永田、村中)

10月5日 チベット問題 (梅本、越後、菖蒲谷、佐々木)

10月12日 メキシコ湾原油流出問題 (近藤、小林、植田(一))

10月19日 普天間基地問題 (福本、松本、櫻井、武川)

<グループディスカッション/ワークショップ>

6月22日、6月29日、9月28日


プレゼミ日程(終了)

統一テーマ: 「国際問題(国内問題)を国際法的に分析する」

報告時間: 各グループ20分〜30分程度(その後、ディスカッション)

目的: 新ゼミ生をお互いに知る、国際法の基礎知識を確認する、レジュメの作り方を覚える、報告や質問に慣れる

簡単な約束ごと: あらかじめ決められた日にはきちんと出席する、すすんで発言する、皆でプレゼミを意味あるものにするために協力する・そのための知恵を絞る・アイデアを出す、教員への連絡や報告をおこたらない

日程:

10月5日(月)3限(演習2)  @「紛争の平和的解決」(越後、中野
(祐)近藤
                  F「捕鯨問題」(松本、植田、櫻井
10月14日(水)6限(演習5) A「国際犯罪」(武川、中野
(良)佐々木
10月19日(月)3限(演習2) B「地球温暖化」(星加、福本、國末)
                  C「日本と核兵器」(川村、村中、佐古)
10月28日(水)6限(演習5) D「女性差別問題」(永田、山本、檜垣
                  E「安全保障問題」(予定)(横川、菖蒲谷、甲斐)
                  
(下線は代表者、囲み数字は班の番号)
※原則として報告の一週間前までにレジュメを見せに来ること。